日本クラシカルホメオパシー協会ブログ

jschom.exblog.jp ブログトップ

ノーベル賞受賞者がホメオパシーの科学的根拠を発見!

ノーベル賞受賞者がホメオパシーの科学的根拠を発見

2010年7月5日付 “The Australian”紙より

フランスのウィルス学者リュック・モンタニエは、ホメオパシーの基本原理を裏付けるような、新しいウィルス感染の発見方法を国際的に権威のある学術会議で発表した。

モンタニエのコメントに対してホメオパシーに懐疑的な同僚は首を傾げるものの、ホメオパスからはホメオパシーの信用性を高めるものとして急速な支持を得ている。

モンタニエによると、病原菌やHIVなどのウィルスの溶液は、周囲の水の分子を誘導する『低周波の電波』を発して『ナノ構造』に変え、この分子もまた電波を発する。

水溶液中の細菌またはウィルスのDNAが消滅するまで液が高度に希釈された後も、水はその特質を保持する。水は接した物質の『記憶』を保持するので、その性質を利用して病気を発見することができるという。

科学者ではない人間には、モンタニエの発見とホメオパシーの関連性は薄いものに思われるかもしれないが、科学者にとっては、その原理の類似性は非常に刺激的であり、ホメオパシーを実証し得るものである。

ホメオパシーの原理によれば、有毒な物質を大量に取った場合に起こるような症状は、ごく少量の有毒な物質によって治すことができる。

それに対して科学者は、水に物質の分子は残らず、その情報が伝えられるという証拠はない、またホメオパシーの治療は臨床上証明されていないという主張から、その原理を完全に否定している。

先週、英国医師協会(the British Medical Association)は、国民健康保険(National Health Service)に対してホメオパシーに年間4百万ポンド(720万ドル)支払うことを止めるよう要求した。そのような時期に、モンタニエの主張が出て来たのは、なにやら微妙である。

ホメオパシーの人気が高まっていることに対して医師も高い関心を払っている。ホメオパシーは英国王室やデイビッド・ベッカムに愛用されている。

モンタニエは、1980年代に行われたHIVとAIDSの関連性を確認する研究によって2008年にノーベル賞を受賞した。彼の研究によって新しい治療法が生まれ、それによって何百万人もの人々が生命を長らえることができた。
先週ドイツで行われたノーベル賞受賞者の会合において、モンタニエは700人の参加者を前にして、医学と化学、物理学-そのすべての分野において最新の大発見となることについて話をした。

英国医師協会のクリスタル・サムナーは、「モンタニエの発見はホメオパシーに『真の科学的特性』を与えた」と語っている。
[PR]
by homeotomo | 2010-07-08 18:55
line

日本クラシカルホメオパシー協会のブログです。宜しくお願いします。


by homeotomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite